MENU CLOSE

ダイヤモンドのカット方法を詳しく解説!婚約&結婚指輪に合う種類も紹介

婚約指輪や結婚指輪に使われる、ダイヤモンド。一概にダイヤモンドといっても、カットの種類によってまったく違った顔をもっています。計算によってダイヤモンドのきらめきを最大限に引き出しているカットから、透明感を美しく表現しているカットまで。

そこで今回は、婚約指輪や結婚指輪を選ぶうえで知っておきたい「ダイヤモンドのカットの種類」について解説します。ダイヤモンドをあしらった指輪が欲しいと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ダイヤモンドの価値を決める「4C」とは?

ダイヤモンドの価値を決める「4C(フォーシー)」。カット(Cut)、カラット(Carat)、クラリティ(Clarity)、カラー(Color)という4つの要素から構成される、ダイヤモンドのグレードを決める評価基準です。頭文字のアルファベットがすべて「C」であることから「4C」と呼ばれています。

ダイヤモンドをあしらった婚約指輪や結婚指輪を選ぶうえで、4Cを理解することが重要です。あなたにとっての4要素のベストバランスを見つけ、一生大切にできるダイヤモンドを探してくださいね。

それでは、4Cのそれぞれの要素について解説していきましょう。

カット

カットとは、ダイヤモンドのカット方法のこと。ダイヤモンドの輝きを決めるのはカットといっても過言ではありません。

カラット、クラリティ、カラーはダイヤモンドがもともと持って生まれたものです。しかし、カットは人の手によって仕上がりを変えられるものなので、職人の腕の見せどころといえるでしょう。

カットの評価は大きく分けて以下の5段階で、上から評価の高い順です。

  • Excellent(最上級品)
  • VeryGood(理想的)
  • Good(良好)
  • Fair(やや劣る)
  • Poor(劣る)

評価がExcellentに近づくほど、ダイヤモンドは美しい輝きを放ちます。

カラット

カラットとは、宝石の重さのこと。1カラットは0.2グラムと定義されており、1カラットの直径は約6.0mmで、2カラットの直径は約8.1mmです。カラット数が大きくなるほどダイヤモンドの価値が高くなります。

ダイヤモンドの原石の多くは、1カラット未満。原石を削って仕上げていくため、カラット数の大きいダイヤモンドは、希少な大きい原石からしか作れません。

クラリティ

クラリティとは、宝石の透明度のこと。透明度が高いほうが希少価値があり、「傷が欠けている部分があるか」「インクルージョン(内包物)が大きいか、どこにあるか」といった項目を総合的に見て評価が決まります。

インクルージョンは、ダイヤモンドに混入しているほかの鉱物の結晶や、割れ目や裂け目などの歪みのことです。傷やインクルージョンが多いと、その分透明度が損なわれ、輝きのレベルが低くなってしまいます。

クラリティの評価は以下の11段階で、上から評価の高い順です。

  • FL(内外部無欠点)
  • IF(内部無欠点)
  • VVS1(ごくごくわずかな内包物)
  • VVS2(ごくごくわずかな内包物)
  • VS1(ごくわずかな内包物)
  • VS2(ごくわずかな内包物)
  • SI1(わずかな内包物)
  • SI2(わずかな内包物)
  • I1(欠陥)
  • I2(欠陥)
  • I3(欠陥)

クラリティのグレードは、FLからVS2がベスト、SI1とSI2がベターだといわれています。

カラー

カラーとは、ダイヤモンド自体についている色のこと。うっすらと色がついているダイヤモンドが多いなか、無色透明に近づくほど価値が高くなります。

カラーの評価はアルファベットのDからZまで23段階あり、上から評価の高い順です。

  • D〜F(無色)
  • G〜J(ほぼ無色)
  • K〜M(ごくかすかな黄色味)
  • N〜S(かすかな黄色味)
  • T〜Z(薄い黄色味〜黄色味)

ダイヤモンドは、黄色味が増すほど希少性が下がるものです。ただ、黄色味が強いものは「ファンシーカラー」という分類に分けられ、評価の基準が変わります。ファンシーカラーダイヤモンドには、イエロー、ブラウン、オレンジ、ピンク、レッド、グリーン、ブルーなど、さまざまな色味があります。

ダイヤモンドのカットは大きく分けて3種類

4Cのなかでも、ダイヤモンドのきらめきに大きな影響を与える「カット」。カットの方法が変わるだけで輝きの度合いが変わるため、ダイヤモンド選びにおいて外せない項目です。

カットの方法は、ブリリアントカット、ステップカット、ミックスカットと大きく分けて3種類に分類できます。分類したなかにもいくつかの細かい種類があるため、それぞれのカット方法について、どういった特徴があるのかを詳しく解説します。

1. ブリリアントカット

ブリリアントカットは3構成で、ダイヤモンドの上部のファセット(平らな面)、底部の尖った部分、ひし形と三角形で構成されたファセットからなっているのが特徴です。

ダイヤモンドに入ってくる光を余すことなく反射させることで、上部が輝くように計算されて作られています。ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出せることが、ブリリアントカットが人気を集める理由の一つです。

ラウンドブリリアントカット

ダイヤモンドの定番のカットである、ラウンドブリリアントカット。上部が丸く整えられ、下部にかけて徐々に細くなっていく、放射線状に仕上げられるカットの種類です。

ラウンドブリリアントカットは、17世紀にヨーロッパで生まれてから今日まで、長い歴史のなかで人々に愛され続けてきました。光が反射する角度を計算し尽くされており、輝きをもっとも出せるように設計されています。

57面体または58面体に細かくカットされ、下部が尖っている場合は57面体、下部を面取りしている場合は58面体です。

HELICAL CHORD(ヘリカルコード)が使用しているHeart & Cupid(ハート&キューピッド)もこのラウンドブリリアントカットの1種で高品質の証。特殊なレンズで見ると、上から8つの矢、下から8つのハートが確認できることからその名前がつけられています。

ペアシェイプブリリアントカット

ペアシェイプブリリアントカットは、ダイヤモンドの片側が丸く整えられて、もう片側が尖っているカットの種類です。ペアシェイプブリリアントカットのなかでも、縦に長く形作られているダイヤモンドは、涙に似ていることから「ドロップシェイプ」とも呼ばれています。

片方が尖っているので、指輪をつけると手にメリハリが出て、指を長く見せてくれるでしょう。ファッション性が高くてゴージャスな雰囲気のペアシェイプブリリアントカットは、指輪だけではなく、ペンダントやピアス・イヤリングにもよく使われるカットです。

オーバルブリリアントカット

オーバルブリリアントカットは、ダイヤモンドの上部を楕円形に仕上げたカットの種類です。

丸みを帯びた卵のようなデザインは、上品でやさしい雰囲気を放っています。縦に長く形作られているため、指の長さを強調してくれる効果も。角がないカット方法なので、割れにくいという特徴もあります。ファンシーカラーのダイヤモンドで採用されることが多いカットです。

ハートシェイプブリリアントカット

ハートシェイプブリリアントカットは、ハート型に仕上げられたカットの種類です。

ハートの形は縦横が1:1の比率になっているのが一般的ですが、原石の形によっては横長や縦長になることも。横長だと愛らしい印象、縦長だと指をスラッと見せてくれます。

ロマンスのシンボルであるハート型は、婚約指輪や結婚指輪に込められた二人の愛を象徴するのにふさわしい形でしょう。ハート型にカットできる原石があまりなく、希少なカット方法なので、指輪に個性を出せます。

マーキスブリリアントカット

マーキスブリリアントカットは、両端を尖らせて細長く仕上げたカットの種類です。ラグビーボールや小舟の形に似ています。

マーキスは、フランス語で「侯爵」のこと。マーキスブリリアントカットは、ルイ15世から「侯爵」の称号を与えられたポンパドゥール夫人がもとになって名付けられました。シャープなデザインは独創的で、婚約指輪や結婚指輪にあしらえば、エレガントな雰囲気に仕上げてくれます。

マーキスブリリアントカットの魅力は、本来のカラット数よりも大きく見せてくれること。表面積が大きいカット方法なので、小粒なダイヤモンドでも存在感が出るでしょう。

2. ステップカット

ステップカットは、正面から見ると正方形や長方形で、裏を見ると階段状になっているのが特徴です。ダイヤモンドの本来のカラーを最大限に活かしたカットで、輝きを放つことよりも、透明感を強調することを重視して作られています。

エメラルドカット

ステップカットを代表するカット方法が、エメラルドカットです。長方形にカットされており、四隅が取り除かれています。エメラルドカットという名のとおり、エメラルドに使われることが多いですが、ダイヤモンドにも施されるカットです。

平らな面が多く、素材の欠点をカバーしにくいカット方法なので、透明感のあるダイヤモンドの原石しか使えません。平面に広くカットされた上部は、光を鏡のごとく反射し、その神秘的な輝きに吸い込まれてしまいそう。

平たい形なので、実際のカラット数よりも大きく見せられるのが魅力の一つです。

スクエアカット

スクエアカットは、縦横の比率が1:1の正方形に仕上げられたカットの種類です。角がカットされていないデザインなので、シャープな印象を受けます。

エメラルドカットと同じく、ダイヤモンドの面の数が多くないので、ブリリアントカットほどの輝きはありません。しかし、輝きではなく透明感を強調できるので、スクエアカットのダイヤモンドをあしらった婚約指輪や結婚指輪は、普段の生活になじみやすく使い勝手がいいでしょう。

アッシャーカット

アッシャーカットは、正方形にカットされており、四隅が取り除かれています。上部のカット面が広くて平らなので、ダイヤモンドの透明感を生かせるカットの種類です。

四隅をカットすることにより、丸みを帯びたフォルムになるので、端が欠けにくいメリットもあります。シンメトリーなデザインが美しく、エレガントな雰囲気を醸し出しています。

3. ミックスカット

ブリリアントカットとステップカットを組み合わせたカット方法である、ミックスカット。ダイヤモンドの上部か下部、どちらかがブリリアントカットになっていて、どちらかがステップカットになっています。

ダイヤモンドの透明感を引き出しながら、輝きが多く出るように作られていて、ブリリアントカットとステップカットのいいとこ取りをしたカットといえます。

プリンセスカット

プリンセスカットは、四隅をそのまま残し、正方形に仕上げられたカットの種類です。1970年頃に考案されたもので、ダイヤモンドのカット方法としては新しいといえるでしょう。モザイク模様に見えるほど細かくカットされたダイヤモンドは、気品高い輝きを放っています。

宝石の厚みを生かしているので、原石から研磨するとき、カットロスが少ないのが特徴です。輝きと透明感のバランスがいいプリンセスカットをあしらうことで、存在感のある指輪になるでしょう。

婚約指輪や結婚指輪によく使われるカット方法は?

婚約指輪や結婚指輪を選ぶ際に気になるのが、指輪にあしらわれるダイヤモンドの定番のカット方法ではないでしょうか? そこで、婚約指輪と結婚指輪に分け、よく使われるダイヤモンドのカットを紹介します。

婚約指輪の定番カット

婚約指輪に多く使われるカット方法は、ラウンドブリリアントカットです。婚約指輪と言われて、57面または58面のラウンドブリリアントカットをイメージする人が多いでしょう。

ラウンドブリリアントカットが婚約指輪の定番なのは、ダイヤモンドのきらめきを最大限に引き出してくれるから。前述したとおり、細かく計算されたカットが、取り込んだ光を存分に反射してくれるのです。

強い輝きを放つラウンドブリリアントカットは、二人の愛の大きさを表現するのにぴったりのカット方法だといえるでしょう。

結婚指輪の定番カット

結婚指輪によく使われるカット方法は、ラウンドブリリアントカットやプリンセスカットなどです。

普段使いすることが多い結婚指輪は、大きなダイヤモンドではなく、小さなダイヤモンドをあしらったデザインにすることをおすすめします。なぜなら、小さいダイヤモンドは引っかかりにくく、普段のファッションにも合いやすいから。

輝きが強いラウンドブリリアントカットやプリンセスカットは、小さいダイヤモンドであっても、存在感を放って手元を華やかにしてくれるでしょう。

お好みの種類のカットで、心がきらめくダイヤモンドを選ぼう!

ダイヤモンドのグレードを決めるのに、原石が持つカラー、クラリティ、カラットは重要な要素です。しかし、原石のままではキラキラと美しい輝きを放つことはありません。カットして磨くからこそ、人々を魅了するきらめきが生まれるのです。

一生大切にしたいと思える婚約指輪や結婚指輪を選ぶには、ダイヤモンドのカット方法にも注目してみましょう。カットの種類によって指輪の持つ雰囲気は大きく変わるので、ぜひ試着しながらじっくりと検討してくださいね。