MENU CLOSE

ネックレスとペンダントの違いを解説!選び方や人気モチーフの意味も紹介

首もとやデコルテを美しく彩る、ネックレス。自分へのご褒美や、大切な人への贈りものなど、さまざまなシーンで購入されるアクセサリーです。

ネックレスと同じく、首もとにかけるアクセサリーとしてペンダントが挙げられます。ネックレスとペンダントは、どのような特徴があるのでしょうか?

ネックレスやペンダントをつけたり贈ったりする際に知っておきたい、それぞれの違いについて、わかりやすく解説していきます。チョーカーとの違い、ネックレスの選び方、人気モチーフと意味についても紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

ネックレスとペンダントの違い!

どちらも首につけるアクセサリーとして使われている、ネックレスとペンダント。それぞれの違いは、はっきりと定義されているわけではありません。

では、それぞれどのような意味をもち、どのように使い分けられているのでしょうか?違いについて見ていきましょう。

ネックレスとは?

ネックレスとは、首からかけるアクセサリーのことです。ネックレスの語源は、首がないという意味の「neckless」ではなく、首のひもという意味の「necklace」といわれています。首にかけるアクセサリーは総称して「ネックレス」と呼ばれるため、ペンダントもネックレスの一種として分類されます。

チェーンが長く垂れている「V字ネックレス」、主に冠婚葬祭などで使われる真珠が一周についた「ユニフォームネックレス」、胸もとにチャームが広がる「ビブネックレス」など、種類はさまざま。ものによって素材や長さも異なるため、幅が広いアクセサリーです。

ペンダントとは?

ペンダントとは、ペンダントトップが吊り下がっているタイプのアクセサリーのこと。ペンダントの語源は、ラテン語の「pendere」で、「吊り下げる」「ぶら下げる」という意味をもちます。

ひもが布製のもの、革製のもの、チェーンのものなど、ペンダントも種類はさまざま。首からぶら下げたときに、ペンダントトップを先端としてV字のフォルムを作るアクセサリーは、ネックレスのなかでもペンダントに分類されます。

原始時代から使われていた!ネックレスの歴史

ネックレスは長い歴史をもつアクセサリーで、原始時代からあったといわれています。当時はおしゃれとしてのアクセサリーではなく、「身分を証明するためのアイテム」「豊作祈願の願かけ」「呪術・魔よけといった宗教的な意味をもつ装飾品」として使われていました。

ひもにペンダントトップがついているものが多く出土していることから、石器時代では、現代でいうペンダントが愛用されていたとみられています。ネックレスには、歯、動物の骨、宝石、真珠、貝がら、石、金属など、さまざまな素材が使われていたのが特徴です。

次第にネックレスには金や銀といった貴金属が使われるようになり、古代エジプト時代になると、王族のあいだで宝石つきのネックレスが出回るように。ローマ時代では、金で宝石の土台となるフレームを作り、なかにカラフルな宝石を入れ込んだネックレスが使われていました。

ネックレスが一般人にも流通するきっかけになったのが、18世紀頃にヨーロッパで起こった産業革命です。それまでネックレスは上流階級のアクセサリーでしたが、産業革命でネックレスが量産されたことで流れが変わっていきました。次第に一般市民にも広まっていき、誰でも気軽にネックレスを身につけられる今日へとつながっています。

チョーカーとは何が違うの?

ネックレス、そしてネックレスのひとつであるペンダントは、同じく首もとにつけるアクセサリーである「チョーカー」と何が違うのでしょうか?

チョーカーとは、首にぴったりと巻きつけるタイプのアクセサリーのことです。語源は「窒息させる」「首を絞める」といった意味をもつ「choke」で、名詞化して「choker」と呼ばれるようになりました。

ペンダントと同じく、チョーカーはネックレスの一種として分類されます。首の太さによって個人差はありますが、チョーカーは35~40cmほどの長さです。

ネックレスやペンダントに使われる素材!

一概にネックレスやペンダントといっても、使われている素材はさまざまです。素材によって「あたたかみがある」「スタイリッシュな雰囲気」など、ネックレスやペンダントをつけたときに与えられるイメージが異なります。

では、5つの素材を一つずつ解説していきましょう。

ゴールド

華やかでやわらかい光を放つゴールドも、アクセサリーの定番素材です。身につけると明るい印象になるため、結婚式の二次会といったお祝いの席にも使いやすいと親しまれています。一般的なゴールドのほかにも、ピンクゴールド、イエローゴールド、ホワイトゴールドなど、さまざまな色味を楽しめるのがポイントです。

ゴールドはやわらかい素材なので、耐久性を高めるために、銀、銅、パラジウムといった素材が混ぜられていることがほとんどです。ゴールドの含有率が少なくなればなるほど、素材が硬くなるので、強い衝撃を受けても変形しにくくなります。

シルバー

シルバーは、多種多様なアクセサリーに使われている定番の素材です。美しく輝く白い光沢が、クールでスタイリッシュな印象を与えてくれます。手頃な価格帯のものが多いので、手に入れやすいのがポイントです。

注意しておきたいのは、変色しやすいため、お手入れをこまめに行わなければならないこと。汗や空気によって黒ずんでしまうので、アクセサリー用のクロスやメガネ拭きを使い、やさしく拭いてお手入れしましょう。

プラチナ

プラチナは、素材自体の価値が高く、洗練された白い光を放つのが特徴の素材です。「白い輝きが純白の花嫁を連想させる」として、結婚指輪の定番になっています。

シルバーとは違い、酸化して黒く変色しにくいので、ネックレスを普段使いしたい人に向いている素材といえるでしょう。

ステンレス

ステンレスは、鉄をベースとした合金の素材です。白い輝きがプラチナと似ており、プラチナよりも手頃な価格帯で手に入れられるため、「値段を抑えてネックレスを購入したい」という層から人気を集めています。

汗、空気、汚れに触れても変色しにくいのが特徴で、お手入れしやすいのがポイントです。

チタン

チタンは、硬くて丈夫でありながら、軽いのが特徴の素材です。軽さゆえ長時間身につけていても気にならないので、普段使いのネックレスを探している方に向いています。長年使っても変質しにくいため、お手入れの手間があまりかからないでしょう。

金属アレルギーを起こしにくく、医療器具などにも使われています。

印象が決まる!ネックレスの長さは主に6種類

ネックレスの長さは、主に6種類あります。長さによって身につけたときの印象が大きく左右されるため、ベストなネックレスを選ぶためにも、どのような種類があるのかを知っておきましょう。

チョーカー:約35〜40cm

35〜40cmほどの長さがあるネックレスが、先ほどご紹介した「チョーカー」です。

ゆとりをもたず、首にぴったりと密着するタイプのネックレスで、エレガントな印象を与えてくれます。デニムが主役のカジュアルなファッションから、ドレスなどのクラシカルなファッションまで、さまざまなスタイルと合わせやすいのがポイントです。

プリンセス:約40〜45cm

40〜45cmほどの長さがあるネックレス「プリンセス」。標準的な長さのネックレスであり、体の特徴を問わず、どのような人でも似合う傾向があります。冠婚葬祭で使われる真珠のネックレスも、ほとんどがプリンセスタイプです。

ネックレスがデコルテのあたりに広がるため、デコルテを美しく見せてくれる効果があります。

マチネ:約50〜55cm

50〜55cmほどの長さがあるネックレス「マチネ」。プリンセスよりも首周りに余裕ができ、胸の上部あたりに目線をずらしてくれるため、顔をすっきりと見せてくれる効果が期待できます。

マチネは、ペンダントに多い長さです。存在感のあるペンダントトップのネックレスをつければ、コーディネートにアクセントを加えられます。

オペラ:約70cm以上

70cm以上もの長さがあるネックレス「オペラ」。胸下あたりの長さで、ネックレスが縦に長いフォルムになるため、体型をスッキリと印象づける効果が期待できます。

ロングネックレスと呼ばれるオペラは、一連ではなく二連で首に巻くことで、首もとをボリューミーにして華やかさを演出できます。マチネと同じように、オペラもペンダントに多い長さです。

ロープ:約107cm以上

107cm以上もの長さがあるネックレス「ロープ」。

一連、二連、三連とコーディネートに合わせて変えられて、一本でさまざまな印象を与えることが可能です。一連の場合は、華奢な印象に。二連の場合は、華奢さとボリュームをバランスよく。三連の場合は、ネックレスの存在感が大きくなり、コーディネートを華やかに仕上げてくれます。

ロング・ロープ:約142cm以上

142cm以上もあり、ネックレスのなかではもっとも長いとされている「ロング・ロープ」。二連以上で首に巻いて使うパターンが多いので、ボリュームが出過ぎないように、細いチェーンや小さなビーズのデザインを選ぶのがおすすめです。

首から大きく垂れるネックレスは、エレガントさを演出してくれます。ロング・ロープは存在感が大きいため、ドレスなどの華やかなスタイルと相性がよい傾向があります。

ペンダントトップとチャームの違い!

ネックレスの先にぶら下がっている、アクセントとなるモチーフ。「ペンダントトップ」と呼ばれることもあれば「チャーム」と呼ばれることもあります。

では、ペンダントトップとチャームには、どういった違いがあり、どういった使い分けをされることが多いのでしょうか?

ペンダントトップとは?

ペンダントトップとは、ペンダントについている飾りのことです。「ペンダントヘッド」「トップ」「ヘッド」と呼ばれることもあり、ブランドによって表記はさまざまです。ペンダントトップは、ネックレスのフォルムがV字になるくらい大きなモチーフのことを指します。

チャームとは?

チャームとは、アクセサリーの一種で、小さい飾りのこと。ネックレスやペンダントのみならず、キーホルダー、ストラップ、ブレスレット、バッグ、指輪などについている飾りもチャームです。ペンダントトップより小さくて軽い特徴があります。

ネックレスの選び方

ネックレスを自分に購入したり誰かに贈ったりするとき、何を基準に選べばいいか、迷ってしまうことがあるのではないでしょうか?

そこで、失敗しないネックレスの選び方について、2つのポイントを解説していきます。

使う場面を想像しながら長さや素材を選ぶ

まず、ネックレスの選び方のポイントとして挙げられるのが、使う場面を想像しながら長さや素材を選ぶことです。

ネックレスは、長さや素材が違うだけで、与える印象が大きく変わります。「チャームがかわいいから」「華奢なデザインに一目惚れしたから」とネックレスのデザインの好みだけで選ぶと失敗する可能性があります。いざ身につけたとき、普段のファッションや場の空気と合わず、タンスの肥やしとなるかもしれません。

こだわって選んだネックレス、せっかくならたくさん身につけたいですよね。買ってよかったと思えるネックレスを選ぶために、「どんな場面で使うつもりなのか」「普段のファッションとの相性はいいか」と考えながら、長さや素材を選びましょう。

モチーフのもつ意味を知ってから選ぶ

モチーフのもつ意味を知ることも、失敗しないネックレス選びにおいて大切なポイントです。ハート、クローバー、十字架、月など、ネックレスのモチーフには意味があります。

モチーフの意味を知り、ペンダントトップやチャームに願いを込めてみてはいかがでしょうか?

ペンダントトップとチャームの人気モチーフと意味

ペンダントトップとチャームのモチーフには、多くの種類があります。なかでも人気のモチーフと意味について、一つずつ解説していきましょう。

ハートモチーフ

ペンダントトップやチャームの定番といえる、ハートのモチーフ。「愛」「感情」という意味をもち、恋人同士で贈り合うプレゼントとして人気があります。「恋愛の成就」の意味もあるため、片思いをしている方にもぴったりのモチーフでしょう。

四つ葉のクローバーモチーフ

見つけると幸せが訪れるといわれる、四つ葉のクローバー。ペンダントトップとチャームにおいても「幸運」という意味をもつモチーフです。4枚の葉っぱにも「愛」「富」「名声」「健康」とそれぞれ意味があり、全体的に運気を上げたい人に向いています。

コインモチーフ

「金運アップ」の意味をもつ、コインモチーフ。ほかにも「幸福を呼ぶ」という意味があり、四つ葉のクローバーモチーフと同じく、総合運をアップさせたい人におすすめです。

十字架モチーフ

キリスト教のシンボルマークである、十字架モチーフ。十字架は「地」「水」「火」「風」の要素でできているといわれており、「生命力の象徴」「永遠」「復活」といった意味をもちます。

身につけていると災いから身を守ってくれる魔除けの効果があるとされており、クリスチャンでなくても、十字架モチーフのネックレスやペンダントを愛用する人は少なくありません。

月モチーフ

女性の象徴であり、「女性らしさ」「知性」という意味をもつ月のモチーフ。月は、闇をあたたかく照らす光を放つため、「心に落ち着きをもたらす」という意味もあるモチーフです。また、満ち欠けする特徴から「成長」という意味も込められています。

星モチーフ

悪を封じる記号として、魔除けに使われてきた星のモチーフは、「身守り」の意味をもちます。「富」「健康」の意味もあり、「幸せを呼び込んでくれる」「希望を叶えてくれる」といわれています。

フェザーモチーフ

フェザーとは、タカの羽のことです。古くからインディアンのなかで「精霊と一体化する」と使われてきたフェザーには「悪霊を退散させる」「お祓い」という意味が込められています

また、インディアンのあいだで、仲がいい相手にフェザーを贈り合う習慣があったことから「友情」「真実」という意味もあります。フェザーモチーフのネックレスは、友人に贈るプレゼントとしてぴったりです。

鍵モチーフ

古くからヨーロッパでは「幸運の扉、閉ざされた心、可能性、希望を開ける」として古い鍵を身につける習慣があります。そのため、鍵は「幸運」「魔除け」といった意味が込められているモチーフです。

リボンモチーフ

リボンのモチーフは、縁結びのシンボルとされていて「人と人とを結びつける」「縁を強くする」といった意味をもっています。恋人や友人など、絆を深めたいと思っている人に贈ってみてはいかがでしょうか?

王冠モチーフ

王様がつけることから「最高の地位」といった意味をもつシンボルマーク、王冠。「栄光」「富」「名声」「知恵」「美」など、総合的に運気がアップするとされています。勝利を連れてくる象徴ともいわれているため、勝負運をアップさせたいときにおすすめです。

ホースシューモチーフ

馬のひづめにつけるU字の器具である、ホースシュー。「幸せを呼び寄せて逃がさない」という意味があり「幸運」を象徴するモチーフです。

ホースシューモチーフのネックレスは、U字の曲線がスタイリッシュで、シンプルで洗練されたデザインなのが特徴です。

イカリモチーフ

イカリとは、船が流されないようにするために固定する重りのこと。船を止めておくことから、イカリのモチーフには「安定」「力」といった意味が込められています。「二人の絆をしっかりとつなぎとめておく」として、恋愛においても効果があるといわれているモチーフです。

また、荒波でも船を固定することから「商売繁盛」の意味ももっています。

リング

指にはめるアクセサリーであるリングは、ネックレスやペンダントのモチーフにもなります。リングに想いを込めてチェーンを通し、ネックレスやペンダントとして身につけるのもすてきです。

指輪を身につけられないような場でも、肌身離さずに持ち歩くため、結婚指輪などのリングにチェーンを通してネックレスにする人もいます。

リングを指にはめるのではなく、ネックレスにして首から下げることで、汗や皮脂汚れがつきにくくなるメリットも。お手入れの手間が減るため、「指輪を身につけたいけれど、こまめに手入れするのはちょっと…」と思っている方は、リングをネックレスのモチーフにしてみてはいかがでしょうか?

ネックレスやペンダントの知識をつけ、お気に入りの一本を選ぼう!

どちらも首から下げるアクセサリーである、ネックレスとペンダント。それぞれの違い、長さの種類、素材、人気のモチーフと意味など、ネックレスの奥深い世界を知り、お気に入りの一本を選んでくださいね。

H ETERNITY NECKLACE YG
WITH DIAMOND

CL NECKLACE WG
WITH DIAMOND

EC CROSS NECKLACE YG
WITH DIAMOND