MENU CLOSE

JOURNALBOOK

JOURNALBOOK

感情の音色が響く『夜想曲集──音楽と夕暮れをめぐる五つの物語』とEMOTIONAL CHORD

BOOK | 2021.05

想いやストーリーを大切にするヘリカルコードが、コレクションのアイテムと共に、おすすめの書籍を紹介します。第一回目は、日系イギリス人小説家、カズオ・イシグロの5つの短編をおさめた『夜想曲集』です。

感情の音色を表す
エモーショナルコードと物語

軽やかな語り口の
洗練された短編集

誰かの人生のひと時を描いた物語を読むと、不思議なことに、かつて自分に訪れていた何でもないような日々を、まるで一篇の小説のように思い出すことがあります。長崎に生まれ、イギリスに育った小説家、カズオ・イシグロの作品に登場するのはいつも、過ぎ去った日々を思い、不確かな記憶を確かな未来へつなぎとめようとする人々。

世界のいくつかの街で起きた出来事をユーモアたっぷりに描いた『夜想曲集』では、音楽家や音楽を愛する人々が、それぞれの「夕暮れ」にとまどいながらも、かつて愛した音楽や思い出を手がかりに、明日へと踏み出そうとしています。誰かに愛されることと、世界に愛されることは、ときどき行き違ってしまう。けれども感情の音色がはっきりと響くのは、そんな夕暮れ時なのかもしれません。作品から聴こえてくるサックスやギター、チェロの音色や歌声に耳を傾けるうちに、あなたにとっての夜想曲が思い出され、大切な誰かと分かち合いたくなるはずです。切なくもユーモラスな内容は、人生が移ろい行くことを肯定してくれるようです。

『夜想曲集──音楽と夕暮れをめぐる五つの物語』

著: カズオ・イシグロ

訳: 土屋 政雄

ハヤカワ文庫

COLLECTION

感情を揺り動かしてくれるビュリー青山骨董通り店とCHORD LINKS

EXPERIENCE | 2021.11

様々な「ラブソング」の探究。Madeline Kenney『Sucker's Lunch』

MUSIC | 2021.11

一歩踏み出し、人生を豊かにする。映画『イーディ、83歳 はじめての山登り』

MOVIE | 2021.10

ファッションシーンで活躍する蜜澤佳奈さんがヘリカルコードのジュエリーでセルフコーディネート!

PEOPLE | 2021.10
×